/mobile/xwdtdetail-<%=nid %>.html" />

<delect id="b4zdw"><em id="b4zdw"><address id="b4zdw"></address></em></delect>

    <var id="b4zdw"><strike id="b4zdw"><form id="b4zdw"></form></strike></var>

        <sub id="b4zdw"></sub>

        溫州領先的綜合性語言培訓和教育機構

        溫州阿辛達培訓有限公司溫州領先的綜合性語言培訓和教育機構

        全國熱線電話18312908827

        阿辛達,讓每個孩子都能享受高品質教育

        溫州日語出國培訓今天來告訴你日本史上最強悍的悍婦是誰!

        作者:溫州阿辛達培訓有限公司 編輯: admin 來源: http://www.sladenwoods.com 發布日期:2021/8/26 16:31:22
        信息摘要:
        溫州日語出國培訓今天來告訴你日本史上最強悍的悍婦是誰!接下來跟我們阿辛達的老師來用日語了解下日本史上最強悍婦!
        溫州日語出國培訓今天來告訴你日本史上最強悍的悍婦是誰!接下來跟我們阿辛達的老師來用日語了解下日本史上最強悍婦!
        歴史上NO.1の「鬼嫁」は誰か?
        歷史上排名第一的“悍婦”是誰?


        日本の歴史上“最恐”の鬼嫁を1人挙げるとしたら、満場一致で北條政子でしょうね。
        若要舉出日本歷史中“最可怕”的一名悍婦,大概全場會一致同意是北條政子吧。

        “平家にあらずんば人にあらず”の時代、伊豆に流されていた頼朝は、北條時政の長女、政子といい仲になります。ただ、時政は平家をおそれて娘を地元有力者に嫁がせた。親の決めた結婚ですから、普通は従います。しかし、政子は自分の意思で嫁ぎ先から頼朝のもとに逃げ帰ってきた。地元有力者の恨みを買って追い詰められた頼朝は、以仁王の亂をきっかけに挙兵せざるをえませんでした。頼朝は頭はいいけれど、度胸がないタイプ。奧さんに尻を叩かれていなければ、伊豆の流刑地で一生を終えていたでしょうね。


        在“平氏之外皆非人”的時代,被流放至伊豆的源賴朝與北條時政的長女政子交好。然而,時政因畏懼平家而將女兒許配給了當地有勢者。一般人都會遵循父輩定下的婚約,而政子卻以自己的意志逃離夫家回到源賴朝身邊。源賴朝由此被當地有勢者記恨追逼,不得以借仁王之亂這一契機舉兵。源賴朝之人雖聰慧卻無膽量,若非夫人鞭策,恐怕會在流放地伊豆度過一生吧。


        政子は性格も苛烈でした。頼朝は浮気性で、政子の妊娠中に妾をつくりました。政子は怒り、妾の家を焼いてしまいます。昔から男絡みで女同士が爭うケースはありましたが、せいぜい物を投げあって終わる程度。しかし、政子は本気で襲わせた。これでは頼朝も尻に敷かれますね。


        北條政子性烈。源賴朝用情不專,在政子懷孕期間納妾,政子盛怒之下燒了妾侍的家。過去也曾發生過女性為男人爭吵的事,但也不過是互相砸東西的程度罷了,北條政子的確是動了真格。自此,源賴朝被政子管得死死的。


        頼朝は北條家の力を借りて頭角を現し、ついには鎌倉幕府を開きます。おそらく頼朝は、「自分は鬼嫁をうまく利用してきた」と思っていたのでしょう。しかし、実際に掌で転がされていたのは頼朝のほうです。


        源賴朝借助北條家的力量嶄露頭角,最終建立了鐮倉幕府?;蛟S源賴朝自認為“自己巧妙地利用了悍婦”吧,然而,實際被玩弄于股掌之上的卻是源賴朝。じつは鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』は真ん中の部分が欠けており、頼朝が死んだ原因が直接記載されていません?;叵毳珐`ンで「馬から落ちてほどなく亡くなった」と書いてあるだけ。本當の死因については諸説ありますが、最有力は政子に殺された説。政子はその後、北條家のために実子をも手にかけたともいわれています。そのことを考えたら頼朝を殺すくらい何でもなかったでしょう。


        實際,鐮倉時代的歷史書《吾妻鏡》中間缺了一部分,未直接記錄源賴朝的死因。只在回憶部分提了一句“(源賴朝)落馬后很快就去世了”。就其真正死因有諸多說法,但其中最有力的是政子殺夫之說。相傳在此之后,政子為了北條家甚至殺害了自己的親生兒子。這么一想的話,弄死源賴朝大概也不算什么事兒了。


        鬼嫁を操縦しきれず自滅した頼朝と比べると、うまくやったのが豊臣秀吉です。妻の北政所に鬼嫁のイメージはないかもしれません。しかし、北政所は豊臣政権の共同創業者。加藤清正や福島正則など秀吉の子飼いは実質的に、北政所の息がかかっていた。朝鮮出兵から帰國したときも、まっ先に挨拶に行ったくらいです。


        與欲操縱悍婦不成而自取滅亡的源賴朝相比,豐臣秀吉可算做得不錯。其妻北政所或許未給后人留下悍婦的印象,但她確實是豐臣政權的共同創建者。加藤清正、福島正則等秀吉的養子實質上都與北政所息息相關。


        幾人出兵朝鮮歸國之后,首先拜訪的就是北政所。


        恐妻家で偉くなった、男たちの共通點


        成就偉業的“妻管嚴”男性的共同點


        秀吉は北政所の影響力を認めていたので、生前よくご機嫌取りをしていました。神経痛だと聞けば、あそこの溫泉がいいと手紙も書いた。秀吉の死後、北政所は家康について、加藤清正らも従いました。それが関ヶ原の勝敗を分けたのです。


        秀吉承認北政所的影響力,在生前盡力討其歡心。聽說北政所患有神經痛,馬上送信寫明何處溫泉有療養效果。秀吉死后,北政所歸于德川家康一方,加藤清正等人也跟隨其后,由此奠定關原之戰的戰局。


            鬼嫁の扱いについて、頼朝や秀吉を上回る巧みさを見せた男もいます。お江(崇源院)を妻にもらった、徳川2代將軍の秀忠です。世間では、秀忠は2代目の暗愚な將軍で、お江は將軍を尻に敷く高慢チキな


        女性という印象があるかもしれません。たしかにお江は織田信長の姪、豊臣秀頼のおばという血筋。秀忠より6歳年上で、お江自身は3度目の結婚となれば、カカア天下なところもあったのでしょう。ただ、お江の鬼嫁ぶりは、秀忠にノセられてやっていた面があった。根っからの鬼嫁というより、秀忠の掌の上で鬼嫁を演じさせられていたのです。
            在應對悍婦這一方面,也有比源賴朝和豐臣秀吉做得更加巧妙的男人,那就是迎娶江夫人(崇源院)為正室的德川幕府第二代將軍,德川秀忠。世人或對這對夫妻有如下印象:二代將軍秀忠是個愚鈍之人,江夫人則是把將軍控制在手的高傲女性。確實,江夫人是織田信長的侄女,也是豐臣秀賴的姨母。江夫人比秀忠年長6歲,這也是她第三段婚姻,或有幾分女子當家的意思吧。不過,江夫人“悍婦”這一面也有秀忠慫恿的成分,與其說江夫人本質是悍婦,不如說是在秀忠的控制下扮演悍婦這一角色。


            秀忠は聡明だった、というのが私の評価です。徳川幕府が長期政権になったのは「武家諸法度」や「禁中並公家諸法度」といった法律が機能していたから。つくったのは秀忠です。これはお飾りのボンクラ將軍では無理。また、秀忠は福島正則など、豊臣ゆかりの大名を次々に改易させました。これも家康の時代にはできなかったことです。
            筆者個人認為,秀忠是個聰明的人。德川幕府之所以能長期掌握政權,就是因為《武家諸法度》、《禁中並公家諸法度》等法律的效力,而其創建者就是秀忠。這可不是門面裝飾的愚鈍將軍能辦到的。此外,秀


        忠還依次撤封了福島正則等與豐臣家密切相關的大名,這也是家康時代沒能做到的。
            さらにすごいのは、これらの政策を家康の名前でやったという點です。自分が前面に出て強権をふるえば、何かと軋轢が起こる。そこで自分は陰に徹して徳川幕府の礎をつくり、3代目の家光に引き継がせた。お江が鬼嫁だというイメージも、おそらく秀忠が凡庸さを裝うための演出??制藜窑蜓荬袱毪长趣?、自分を目立たない存在にしたわけです。
            更巧妙的是,這些政策均是以德川家康的名義頒發的。若秀忠自己出頭施展強權,會導致糾紛產生,于是秀忠始終潛藏在陰影處,打下德川幕府的基石并傳給三代將軍德川家光。江夫人“悍婦”這一印象,估計也是秀忠為了假扮平庸之為,通過扮演“妻管嚴”,使得自己不那么顯眼。
            秀忠はお江を恐れて側室を持たなかった、といわれています。しかし、普通に浮気はしていた。のちに會津松平家初代の??普?、秀忠が女中に手をつけてできた子どもです。
            據說,秀忠因畏懼江夫人而未曾納過側室。不過輕浮之舉倒是不少。會津松平家初代??普褪切阒液团偎?。
            頼朝や秀吉のようにリスクを取りつつ鬼嫁の力を利用するか、秀忠のように鬼嫁を自分の隠れ蓑に使うか。アプローチは違いますが、歴史をつくる男たちに鬼嫁は欠かせない存在なのです。
            是如源賴朝及秀吉那樣,冒著風險利用悍婦的能力,還是像秀忠那樣借悍婦掩人耳目呢。雖說方式不同,但創造歷史的男人身邊總不會缺少悍婦的身影。






        全國服務熱線

        18312908827
        无码一卡二卡三卡四卡

        <delect id="b4zdw"><em id="b4zdw"><address id="b4zdw"></address></em></delect>

          <var id="b4zdw"><strike id="b4zdw"><form id="b4zdw"></form></strike></var>

              <sub id="b4zdw"></sub>